うつ病体験日記

うつ病歴10年を超えました( ̄▽ ̄) アラフィフ男性のうつ病の実体験を書いてます。

TOP >  うつ病 >  自分を変える

自分を変える


こんばんは、けんじです。



今日も一日自宅で過ごしました。

これで丸3日、遊び(バイク・運動)も控えています。

基本、YouTubeを観て時間を潰しているのですが、少しだけ心が落ち着いてきたようにも思います。

もちろん、しんどい時間帯はあるのですが、朝・夕は気持ちよく過ごせています。



今日、思ったのは、「体調に心を合わせる」こと。

今まではずっと自分の欲求を最優先して、何事も精一杯やってしまっていた気がするのです。

自分の体調を半ば無視して行動してたなって。

自分の欲求って、案外健康だった頃と変わらないんです。

あれができるようになりたい、これができるようになりたい・・そういう欲求が非常に強いのです。



animal-967658_1920.jpg




欲望・欲求は健康な頃のまま。

病人だという自覚が足りてないように思いました。

やりたいことはやったほうがいいという意見もあります。

しかし、実際そのように気持ちの赴くまま過ごした結果、僕は潰れてしまいました。

いい加減何度も・何ヶ月も潰れた結果、「色々諦める」ことが僕はできていないような気がしてきました。








やりたいことをやれる体力・気力があればいいのですが、

今の僕には自分の欲求に応えられるだけのエネルギーがないようです。

動いているうちに調子が出てきてどんどん動けるようになると思い込んでおりましたが、結果は逆でした。

やればやるほどエネルギーを消耗してしまう。

その結果、重い抑うつ症状が発現し、長期休養・増薬を余儀無くされる。

これって、サラリーマン時代の僕となんら変わってないことに気づきました。



サラリーマン時代も、常に100%で仕事に臨み、休みなく働き、鬱を発症してしまいました。

今思うのは、その頃の自分から何ら成長できてないんじゃないかということです。

猪突猛進の生き方が変わってない。



この生き方を変えない限り、うつ病からは抜けられないのではないか、そんな風に思うのです。

たぶん、今の僕に必要なのは、10%くらいの力で過ごすこと。

遊びに関しても100%全力でやる癖がついてしまっていて、必ず疲れるまでやってしまう。

このブログを読み返してみても、動いては潰れ、動いては潰れ、、を繰り返していました。

潰れている自覚はなく、単に疲れやすいだけだと思い込み、自分の体調を無視して活動してしまったように思います。


animal-967657_1920.jpg



数日前のブログで「寛解」について書きましたが、

みなさん寛解しても元どおりではないことがわかりました。

薬は服用し、今の自分にできる仕事、人間関係を再構築しているように感じました。

僕も、今までのような行動パタンを変え、新しい生活スタイルを構築する必要がありそうです。



たとえば、

「筋トレは100回じゃなくて1回」、

「仕事は8時間じゃなくて1時間在宅で」、

「遊びは丸一日じゃなくて、10分」

などといったように。



色々諦めなければいけないのは、正直悲しいです。

でも、病気と付き合っていきていくためには、自分を変えるしかないです。

体が発する警告にきちんと耳を傾けていきてゆく。

今までは警告を無視しすぎでした。



なぜこんなにも頑張ることが当たり前になってしまったのか。。

なぜこんなにも上昇志向が身についてしまったのか。。

今思えば、大学時代からそんな癖が強くなっていったように思います。

社会人になってからは尚更でした。

もちろん、それで良いこともたくさんあり、充実した時間を過ごすことができました。

しかし、うつ病になった今、大きな転換期かもしれません。




正直まだしっくりきてない感はあります(当たり前か)。

しかし、少し自分の体の言うことに耳を傾けながら過ごしていきたいと思います。

とにかく、ゆっくり、ですね。



今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。



↓クリックしていただけると嬉しいです。


うつ病ランキング


コメント






管理者にだけ表示を許可する