うつ病体験日記

うつ病歴10年を超えました( ̄▽ ̄) アラフィフ男性のうつ病の実体験を書いてます。

TOP >  うつ病 >  友人と久々の再会

友人と久々の再会


こんばんは、けんじです。


昨日、日中バイクでぷらっと走ったのですが、夜もまた走ってしまいました。

今日は、その疲れが残っており、「やっぱ動けるのは半日だなー」と痛感。

自分の今の体調だとどれだけ動けるか、きちんと確認できて良かったです。

最近は無理をすることが少なくなり、病気との付き合い方が少し上手くなってきたようにも感じます。



さて、今日は午前中まったりと過ごし、午後から友人に家に来てもらい、あれやこれや話しました。

10年ぶりくらいの再会だったのですが、お互い特に変わるところもなく、以前と同じように話すことができました。

お互い、苦しい時をそれぞれ乗り越え、そして今も色々なものを背負って生きている。

他の友人たちも、紆余曲折色々ありながら頑張って生きていると聞き、励みになりました。



人と直接会うって大事ですね。

SNSでの交流も便利で気軽だから、それはそれで楽しいですが、深い話はできませんものね。

直接会うと、SNSでは分からなかったお互いの近況、気持ちを深く知ることができます。

久しぶりに会って、話せて本当に良かったです。



最近、人様の存在のありがたみを身にしみて感じています。

友人、家族、主治医、薬剤師・・本当に色々な人に頼って生きている。

みなさんのおかげで生きれている気がします。

辛い時は人を頼って良いのだ、今はそう思うことができています。



辛かったら誰かに電話すればいい、会って話を聞いてもらえばいい。

人に話を聞いてもらえるだけでも気持ちが落ち着きます。

長いこと自分一人で抱え込んでしまったのかなー、そんなふうに思いました。



人間、一人だけど一人じゃない。

みなお互い支え合っていけばいい。

生きていてくれるだけで、お互いの励みになる。

お互い様、お疲れ様、そんな風に生きていればと思えるようになりました。



これからもうつ病との付き合いは続きますが、相談先をたくさん持つことが大事なのかもしれません。

専門家、友人、知人、家族・・・少しずつですが依存先を増やしていくことが心の安定に繋がる気がします。

動けるときにコツコツと、人とのつながりを増やしていけたらなと思います。



今日も最後まで読んでくださりありがとうございました。


↓クリックしていただけると嬉しいです。

うつ病ランキング


コメント






管理者にだけ表示を許可する